夜行高速バス「しもきた号」出発式を開催

戻る

2014年09月10日

 
201409101033_1-300x0.jpg
出発式でテープカットを行う関係者
 
8月28日(木)、夜行高速バス「しもきた号(むつ―東京・新宿)」の出発式がむつ市役所前にて開かれ、関係者が新たな高速バス路線の開業を祝いました。
しもきた号は、むつ市から横浜町、野辺地町、東北町、三沢市、八戸市を通り、埼玉・大宮を経由して東京・新宿を結びます。
式典には来賓として、むつ市の宮下市長、むつ市観光協会の八戸会長、むつ市議会の山本議長、下北交通の白濱社長らが出席しました。
当社社長の南正人は「下北半島には観光資源に優れた恐山や仏ヶ浦があります。PRすることで多くの方が下北に訪問して頂けると考えており、むつ市の皆さんと一緒に発展させていきたい」と述べ、むつ市の宮下宗一郎市長も「多くの観光客を迎え入れる路線になると期待しています。しっかりPRして1人でも多くの人が訪れるよう頑張りたい」と述べました。その後、花束贈呈やテープカットセレモニーの他、車両内覧会が行われ、開業を祝いました。          
             
201409110839_1-300x0.jpg    201409110839_2-300x0.jpg
          むつ市長                       当社社長

≪運行日≫
◎むつ市発(金・土・日曜日)
むつ市役所:午後6時25分発
新宿西口高速バスターミナル:午前7時20分着
◎東京発(木・金・土曜日)
新宿西口高速バスターミナル:午後7時40分発
むつ市役所:午前8時25分着

〔しもきた号〕のページはこちら

※当アカウントは情報配信のみの対応となります。ご了承下さい。